木曜日 24th 5月 2012

by hakodateume

20120523-214919.jpg

20120523-214926.jpg

20120523-214932.jpg

20120523-215052.jpg

20120523-215115.jpg

20120523-215130.jpg

20120523-215150.jpg

こちらはモニターのお客様です。

長い間押入れの天袋にしまっていたという、ランドセル。
カビ臭はまったくしないので、保管環境はよかったと思われます。

でも合成皮革は年数が経つと、こうなってしまうものがあります。

梅田皮革工芸のミニランドセルは新しい材料を使わずに作ります。

手縫いもするので他のお店より加工時間が長く、ダメージが大きいのです。

ミニ加工したものが劣化するのと、劣化したものをミニ加工するのとでは、傷み具合が全然違います。

生しいたけをグニャッと曲げても割れないのに、干し椎茸は割れちゃう、みたいな…(変な例え ^^;)

なのでミニランドセル加工を考えているお客様は、しまい込まずになるべく早く加工依頼してくださいね!

人間だって老化するし、モノも古くなります。

だから私はミニ加工でボロくなってしまっても、当然だと考えます。でもそれじゃイヤだという気持ちもわかります。

大切な思い出の品物だから、やっぱりキレイに残したい。

加工依頼する前に、冠(カブセ)をチェックしてみて下さい。

ギューッと曲げてみて少しでもひび割れていたら、または表面がべたついていたら…アウトです。

表面を特殊加工してくれる業者もあるようなので、劣化してしまったけどどうしてもキレイなミニランドセルにしたい!!というお客様は検索してみて下さい。

あなたの世界にたった1つの大切な鞄が、満足の仕上がりになりますように願っています♥

 


Tags: ,

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·