ヌメ革のエイジング?

いろいろな革屋さんに聞いても、ネットで調べても、結局これだ!という答えが見つからないヌメ革に何をすればいい色になるのか問題。

まず、塗るもの。

ワセリン…石油を精製して作られる、お肌にも優しい保湿剤。近所のキリン堂で入手(大きい方で500円くらい?)。パッケージがおしゃれで機能的。指でぬりぬり、ティッシュで優しく拭き取る。

カワピカ…石けん百貨で入手。1000円くらい。Amazonで売っている『革の達人』と成分(蜜ロウ、ホホバ油、ワセリン、ラノリン)、使用感、見た目は同じようなものっぽい。指で塗り、ティッシュで拭き取る。

ニートフットオイル…牛の脚のオイル。獣の匂いはしません。Amazonで500円くらい。化粧用のコットンに数滴染み込ませてぬりぬり。びっくりするくらい染み込み、ムラなく塗るのが難しいです。時間が経てばムラも気にならなくなりました。

ニベア…革の手入れに使えるとかで(ネット情報)何十年ぶりかに手に取ってみる。大きい方で500円ぐらい。ノスタルジックな香りで子供時代にタイムスリップ。水と油を混ぜたクリームなだけあって、革もしっとりする気がします。指で塗ってティッシュオフ。

以前、休校期間中にヌメ革ランドセルを日に当てすぎて退色したので、4月の午前中のお日様に軽く当てては上記4種を塗る×3回で10日ほど。

こんな感じになりました。一番手前は何もしていないヌメ革です。

一番色が変わるのはニートフットオイル。他は同じような感じ。水を垂らすと、ニートフットオイルは弾く力が弱い(染み込みはしない)ように感じました。

逆に、美白派の場合はアメダスだけかけておけば、シミを防いで色も濃くならないのではないかな?と思います。

引き続き研究してみます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です